浦安でインプラント、矯正歯科なら浦安ブランデンタルクリニック

Tel:047-306-4618

歯周病治療・再生療法

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病治療歯周病は初期段階で自覚症状がほとんどないため、ご自身が気付かないうちに徐々に口腔中の状態を悪化させていきます。

そして重篤な状態になって初めて痛みや違和感を感じる患者さまがほとんどです。

歯を失う原因でもっとも多いと言われている歯周病は、今では40歳以上の成人のうち、5人に4人が歯周病に罹患していると言われいます。

また最近の研究結果によると、歯周病は心臓血管疾患、糖尿病、低体重児早産などの原因であることも分かってきました。

一度歯周病になり周りの骨が溶けてしまった歯を完全に元の健康な状態に戻すことは現代の医療では難しいですが、歯周病治療後の定期的なメインテナンスにより病態の悪化を防いだり、進行を遅らせたり、歯周外科処置(歯周再生療法)により部分的に骨を再生させることは可能です。

そのために、歯科医師だけでなく歯科衛生士、歯科助手がチームとなり、最適な環境と適切な治療、管理の元、早期発見、早期治療を行い歯周病治療に臨んでいきたいと考えています。

是非、一度お気軽に診断だけでも構いませんので、ご来院ください。

歯周病治療の流れ

  • 精密検査
  • 歯科医師による診断、説明、治療計画の立案
  • 歯科医師・歯科衛生士による歯ブラシサポート・デンタルグッズの説明
  • 再精密検査
  • 必要に応じ、再生療法などの歯周外科処置
  • 再評価
  • メンテナンス(定期検診)

歯周組織再生療法

ある程度進んだ(中等度、重度)歯周病に対して今までの治療法ではそれ以上の悪化を防ぐ(現状維持)または歯を抜くことによって隣の歯を守るということでしか対処できませんでした。

当院では歯周組織再生療法という最先端の治療を行うことにより、歯周病によって失われた組織(歯ぐき、あごの骨など)を臨床上、再生(蘇らせる)させ、再びご自分の歯でストレスなくお食事を摂ることができるようになります。

当院では様々な方法で再生療法を行うことが出来るので、患者さまに最適な方法を提案することができます。

  • GTR法(組織誘導再生療法)
  • GBR法(骨誘導再生療法)
  • Bone Grafts(骨移植法)
  • エムドゲイン法
  • これらを併用した方法

50代・男性の歯周組織再生療法の症例

歯周組織再生療法歯根に多量の歯石が沈着しており、それが原因で歯を支えている骨の吸収(赤い丸の黒い部分)が確認できます。
このままでは数年後にこの歯は抜かざるを得なくなります。

歯周組織再生療法ではマイクロスコープ(高倍率顕微鏡)下で歯肉を最小限に開き歯石を除去、骨を増やすための薬剤を入れました。
術後は腫れ、痛みもなく、歯周組織にも一切のダメージはありません。良好な傷の治りを呈しています。


術後

歯周組織再生療法

歯石がなくなったことで、骨が吸収され黒かった部分が白くなっている(骨が増えているの)ことが分かります。
これにより、本来抜かなくてはならなかった歯が、長期に渡り機能するまで回復しました。

根面被覆術

40代・女性の症例

根面被覆術歯ぐきが上に退縮しており、犬歯の歯根が露出していることで、歯がしみて辛いと来院されました。

このままでは、むし歯、歯周病のリスクがあり歯の将来的な予後に不安が残ります。


術後

根面被覆術

歯ぐきを少し切開して歯根をカバーしました。

歯がしみることも無くなり、これで安心して何でも食べられるようになりました。


Copyright©浦安ブランデンタルクリニック All Rights Reserved.